平安の歴史 |龍谷大平安硬式野球部応援サイト ~ALL 平安~ 目指せ全国制覇!!

HOME > 歴史・記録トップ > 平安の歴史

平安の歴史

1876年 - 前身たる金亀教校を滋賀県彦根市に開校
1902年 - 第3仏教中学校と改称
1908年 - 硬式野球部創部
1909年 - 大宮七条の現在地に移転
1910年 - 私立平安中学校と改称(初代校長:梅上尊融)
1927年 - 第13回全国中等学校優勝野球大会(現:全国高等学校野球選手権大会、夏の甲子園)初出場初勝利
※この大会で放った平安中の稲田照夫の第4号本塁打が平安歴代夏の甲子園初本塁打となる。
1928年 - 第5回選抜中等学校野球大会(現:選抜高等学校野球大会、春の甲子園)初出場
1930年 - 第7回選抜中等学校野球大会広島商業戦で春初勝利
※この大会で放った平安中の中川伴次郎の第3号本塁打が平安歴代春の甲子園初本塁打となる。
1938年 -
写真:初優勝の平安中ナイン
初の全国制覇(夏の甲子園)
1942年 - 戦時中、戦意高揚の為に開催された記録に無い"幻の甲子園大会"に参加し準優勝を遂げている。
1948年 - 平安高等学校を設立
1951年 - 二度目の全国制覇(夏の甲子園)
1956年 - 三度目の全国制覇(夏の甲子園)
1970年 - 亀岡グランド完成(第5代校長:足利敏雄)
~1971年の不祥事をきっかけに長期低迷入り~
1976年 - 創立100周年
1986年 - 黄金時代を生きた名将第15代富樫淳元監督死去
1987年 - OB衣笠祥雄氏、国民栄誉賞受賞/亀岡グランドナイター完成
1993年 - 硬式野球部第27代原田英彦監督就任
1996年 - OB衣笠祥雄氏、野球殿堂入り
1997年 - 剛腕川口知哉を率い41年ぶりに甲子園決勝進出。悲願の準優勝で復活(夏の甲子園)
2003年 - 男女共学になる。第85回夏の甲子園準々決勝平安-東北戦
1試合最多奪三振数両校30の記録を更新。
※宮城代表東北ダルビッシュ有15個、京都代表平安服部大輔が17個の合計32個の大記録を樹立
~アスリートコース新設~
2006年 - 黄金時代を生きた名将第12・14代西村(旧姓木村)進一元監督死去
2007年 - 黄金時代を知る最後の名将第16代中村雅彦元監督死去
2008年 - 龍谷大学付属平安中学校・高等学校に改称。硬式野球部も創部100周年。
※伝統のユニフォームはマイナーチェンジ
2012年 - 硬式野球部、亀岡グランドより醍醐新球場へ移転。
2014年 - 初のセンバツ全国制覇(春の甲子園)

龍谷大平安硬式野球部応援サイト2008年4月、 長年不変であったユニフォームの左袖に「龍谷大学」の4文字が入り、校名も「平安」から「龍谷大学付属平安」へ改称。
当初は伝統である不変のユニフォーム一新の話があるも多くの関係者、ファンの声により、平安野球部の象徴でもある「純白」「HEIAN」不滅のデザインを死守。
時代、校名が変われどこのユニフォームがある限り「名門平安」に変わりは無い。
同年硬式野球部は創部100周年を迎え、同じ名門松山商業(愛媛)を京都へ招き記念試合を行った。
「中京大中京・松山商業・龍谷大平安」と俗に言う「高校野球の名門御三家」の一角であり、京都球界を常にリードする知る人ぞ知る全国屈指の名門野球部である。
写真:HEIAN Baseball Photo Life

~黄金時代について~
「夏の平安」と言われる様に平安と言えば選手権大会である。
明確な定義は無いが「甲子園常連、府内敵無し」と言われた平安の黄金期とは、第一期黄金期:昭和2年(1927年)から昭和13年(1938年)頃、第二期黄金期:昭和24年(1949年)から昭和49年(1974年)頃を指す。

昭和49年の甲子園を最後に「常勝平安」は終焉を迎え、平安の時代に終わりを告げた。
その後暗黒の長期低迷入り。発端は昭和46年と昭和56年の2度の大きな不祥事。
そこに高校生の野球離れ、他スポーツへの選手流動化などの社会的背景から、その後の四半世紀の間に甲子園へ出場を果たしたのは僅か4回に過ぎない。

長い長いトンネルを超えるといつしか「古豪」と呼ばれていた。
時代は変わり、そこには有力選手が有力校へ分散する黄金時代とは違う群雄割拠な京都があった。
「平安復活はもう無理」とオールドファンは誰もが感じた。

龍谷大平安硬式野球部応援サイトその名門平安を甦らせたのが伝統を継承する現監督、平安野球部OBでもある原田英彦氏。
そして忘れてはならないのが原田平安の舵取り、そして平安復活の立役者1997年の主将川口知哉。
その川口を擁した選手権準優勝は記憶に新しい。
ファンは皆「待ちに待った第三の黄金時代の始まり」だと信じた。
龍谷大平安硬式野球部応援サイト大昔の記憶でもある「全国制覇のモノクロ写真」、歴史を築いた数多くの「偉大なOBの姿」
・・・ファン、OB、関係者は皆「四半世紀前の輝かしい栄光」が走馬灯の様に頭の中に浮かんだ。
彼の残した功績、そして足跡は今でも多くのファンの心に鮮明に残る。

キャリアは充分そして待望の平安新球場も完成。
「常勝平安」に必要な全てが整った。
ファンの誰もが望む平安最強、常勝平安。
「第三期黄金期」「4度目の選手権制覇」「選抜初優勝」「春夏連覇」
大志は名将原田氏の手腕にかかる。

龍谷大平安硬式野球部応援サイト
写真:優勝盾&優勝旗~第38回選手権大会(1956年) 3度目の全国制覇~