第101回全国高校野球選手権京都大会:2019年(令和1年) |龍谷大平安硬式野球部応援サイト ~ALL 平安~ 目指せ全国制覇!!

HOME > 過去の戦績トップ > 全国選手権大会:京都予選 > 第101回全国高校野球選手権京都大会:2019年(令和1年)

第101回全国高校野球選手権京都大会:2019年(令和1年)

背番号 守備 氏名 学年
1投手 野澤秀伍3
2捕手多田龍平3
3一塁手三尾健太郎3
4二塁手北村涼 3
5三塁手 中嶋駿3
6遊撃手西川史礁 2
7左翼手半保和貴3
8中堅手中島大輔3
9右翼手水谷祥平 3
10 豊田祐輔3
11 加藤慶大 2
12川谷優真3
13 橋本幸樹3
14下野優真3
15 田島輝久 2
16 羽切陸 3
17 小川正倫 3
18 村尾亮哉 2
19 長畑海飛 3
20 小椋春輝 2
全国選手権大会:京都予選
'19/7/82回戦花園7-0(7C)
'19/7/143回戦日星12-2(7C)


龍谷大平安硬式野球部応援サイト 龍谷大平安硬式野球部応援サイト 龍谷大平安硬式野球部応援サイト

第101回全国高校野球選手権京都大会:2019年(令和1年)

2019/7/8 2回戦
太陽が丘球場
vs 花園
TEAM 123456789HE
龍谷大平安 1 3 2 0 0 1 0 7 13 0
花園 0 0 0 0 0 0 0 0 6 3
  1. 試合詳細
  2. フォト
  3. 新聞記事①
  4. 新聞記事②
◎バッテリー
【龍谷大平安】:橋本―多田
【花園】:藤田―高田、石井
▼ニ塁打
三尾・奥村・橋本(平)永井(花)

写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
龍谷大平安が京都大会初戦を突破 原田監督、今夏は「おかしくなるかも分からん」
龍谷大平安硬式野球部応援サイト  「高校野球京都大会・2回戦、龍谷大平安7ー0花園」(8日、太陽が丘)
 昨夏からの3季連続の甲子園出場を目指す龍谷大平安が、13安打7得点で今後に弾みをつける七回コールド発進となった。原田英彦監督(59)は「初戦がね、入りが大事なんで。今まで重たい空気だったのが、元気はあったと思うので。この2、3日で練習の雰囲気もやっと盛り上がってきたので」と振り返った。
 チームとして大きかったのは5番に入った奥村真大内野手(2年)が、初回2死一、二塁から先制打を放つなど4打数3安打1打点の活躍を見せたところ。奥村は1月に不整脈のカテーテル手術を行ってセンバツにも出場していたが、その後心拍数が上がる時もあり、大事を取って春季府大会を欠場していた。
 「自分はチャンスが好きなので回ってきてくれてうれしかった。スタンドより(試合では)自分で守ったり打ったりできるので」と奥村。センバツ以来となる公式戦の1打席目で、勝負強さを見せたところを、原田監督も「最初に打ってくれて良かった」と評価していた。
 昨年夏は100回大会での甲子園通算100勝を目標に掲げ、原田監督は京都大会前に、選手に対して「おれは壊れるからな」と宣言。京都大会の途中からは勝利後に「お前たち最高だぜ!」と叫ぶ「勝利の儀式」を行い、選手との一丸ムードを高め、目標の100勝につなげた。
 今年に関しては「まだ抑えてます(笑)チラッとは言いましたけど。『この大会はお前達を信頼するから、期待するから』ということは言いました。『今年は壊れないけど、おかしくなるかも分からん』と。そういうヒントは出しました。何のことか分かってないでしょうけど」とニヤリ。おかしくなるのがどういうことかは不明だが、選手の気持ちを高めるための策を温め、優勝を目指して戦っていく。
【デイリースポーツ】(2019/07/08)

写真:初戦を完封で飾った橋本・多田バッテリー
写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
龍谷大平安が大勝、ヤクルト奥村の弟3安打
龍谷大平安硬式野球部応援サイト 龍谷大平安の奥村真大内野手(2年)が先制の適時打を含む3安打を放ち、7回コールド発進を決めた。
初回2死一、二塁で、インコースの直球を左前にはじき返した。「チャンスが好き。打ってやろうと思った。チャンスで(打順が)回ってきたのがうれしかった」。初戦のチームの緊張を吹き飛ばす先制に原田英彦監督(59)は「奥村のタイムリーは素晴らしかった」と絶賛した。
奥村は持病で不整脈を患い、1月に心臓カテーテルを入れる手術をした。春の選抜は出場したものの、その後の府大会は体調不良で欠場した。「家族だけでなく、監督など指導者の方が気を使っていくださっている。感謝している」と語った。府大会はアルプスから応援していたが、「やっぱり自分で打ったり、守ったりする方が好き」と自身の復活に満足げだった。
奥村の兄はヤクルトの展征内野手(24)。父は甲西(滋賀)の前監督の伸一氏(50)。兄は日大山形、父は甲西の選手として甲子園で本塁打を打っている。真大が甲子園で打てば「父子3人」での甲子園本塁打達成となる。試合の朝、父伸一さんからメールで「3年生のためにやってこい」とハッパを掛けられた。兄展征については「兄ちゃんを超えたい」と目標の存在だ。
この日は4打数3安打。「目標10割だったんですけど、もう無理ですね。5割をキープするのが今の目標です」。頼もしいコメントを残して次戦に向かう。
【日刊スポーツ】(2019/07/08)

写真:3安打猛打賞の奥村選手
写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
 
2019/7/14 3回戦
わかさスタジアム
vs 日星
TEAM 123456789HE
龍谷大平安 0 3 0 7 0 0 2 12 12 0
日星 0 1 1 0 0 0 0 2 6 1
  1. 試合詳細
  2. フォト
  3. スタメン
  4. 新聞記事①
  5. 新聞記事②
◎バッテリー
【龍谷大平安】:野澤―多田
【日星】:吉岡・松本・齋藤・田原―小川
▼本塁打
中嶋・多田・奥村(平)向井(日)
▼ニ塁打
奥村・多田・北村(平)秋里(日)

写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
龍谷大平安
(8) 中島
(4) 北村
(3) 三尾
(9) 水谷
(5)奥村
(6) 中嶋
(7) 長畑
(2) 多田
(1) 野澤
日星
(7)一居
(5) 秋里
(4) 岡安
(3) 岡田
(2) 小川
(8)向井
(6) 松岡
(9) 松木
(1) 吉岡

龍谷大平安・奥村が満塁弾「自信あった」
龍谷大平安硬式野球部応援サイト センバツ8強の龍谷大平安が7回コールド勝ちした。奥村真大内野手(2年)は4回に満塁アーチを放ち勝利を決定づけた。
「素直にうれしい。中に入ってくる直球は好き。投球を見たときから自信があった」と話した。満塁本塁打は初で、本塁打は公式戦2本を含む高校通算8本目。原田英彦監督(59)は「打ちよるね~。あいつは持ってる」と期待を寄せた。
試合は1点リードで迎えた4回表に、中嶋駿内野手(3年)が右翼フェンス直撃のランニング本塁打を放つ。1死後に多田龍平捕手(3年)が本塁打。その後も1点を追加し、さらに連続四球などで満塁となり、奥村がダメ押しの1発を放った。この回だけで3本塁打が飛び出すなど一挙7得点の猛攻だった。
満塁本塁打を放った奥村は、原田監督がこの試合から選手の気持ちを盛り上げるために始めたというグータッチで迎えられた。
【日刊スポーツ】(2019/07/14)

写真:満塁本塁打を放った奥村選手2年
写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
龍谷大平安・奥村、自身初の満塁弾「正直言うと狙ってた」
龍谷大平安硬式野球部応援サイト  龍谷大平安の奥村真大内野手(2年)が、自身初となる満塁弾を放つ活躍でコールド勝ち。「素直にうれしいというのが一番にあって、正直言うと狙ってたというのもあって」と笑顔を見せた。
 「満塁ということで、自分は長打を打つ自信があって、サイド気味の左ピッチャーで中に入ってくるボールが自分は好きなので、それを振り抜いた結果がホームランになって良かったです」
 二回に左中間二塁打を放つと、4点リードの四回2死満塁の好機だった。「来た球をフルスイングしようと思ってました」。2球目の直球を思い切り良く振り抜くと、打った瞬間に分かる打球は、左翼スタンドを越える高校通算8号の満塁アーチとなり、一気に突き放した。
 原田英彦監督(59)は「やっぱり打ちよるね」と勝負強さを評価。満塁弾後にはベンチでグータッチを交わすと、奥村は「(監督とのグータッチは)初めてです。うれしかったです。監督さんが声を出してくださっている。自分たちがまだ出てなくて代わりに出していただいているので、自分たちから発信しないと。そこをなくせば監督さんも休めると思うので」と笑った。このグータッチも、原田監督が選手の盛り上げのために考えたもの。その意図をこう話す。
 「今日ぐらいから(盛り上げを)ちょっとやってますけどね。ホームラン打った時にヨッシャーとグータッチしたり。多田の時も『サイレントしろ』と」
 四回に多田龍平捕手(3年)がソロ弾を打った時には、メジャーでも行われる「サイレントトリートメント」を行うようにベンチで指示。選手は何事もなかったように多田を迎え、少ししてから祝福した。徐々に一丸ムードも高まっている。
 奥村は「決勝まですべてコールドでいきたいなと思います。個人的には、1大会の平安のホームラン記録で、1人で4本というのがあるのでそれを狙おうかなと。もちろん結果ですけど」と話す。弾みを付けて4回戦に挑む。

【デイリースポーツ】(2019/07/14)

写真:4回戦進出を決めた平安ナイン
写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。