第100回全国高校野球選手権京都大会:2018年(平成30年) |龍谷大平安硬式野球部応援サイト ~ALL 平安~ 目指せ全国制覇!!

HOME > 過去の戦績トップ > 全国選手権大会:京都予選 > 第100回全国高校野球選手権京都大会:2018年(平成30年)

第100回全国高校野球選手権京都大会:2018年(平成30年)

背番号 守備 氏名 学年
1投手小寺智也3
2捕手安井大貴3
3一塁手佐野夢人3
4二塁手北村涼2
5三塁手馬場友翔3
6遊撃手松田 憲之朗3
7左翼手南利玖3
8中堅手松本 渉3
9右翼手水谷祥平2
10投手北村智紀3
11投手島田直哉3
12捕手田島光祐3
13内野手前田剛3
14内野手森川太賀3
15内野手 三谷悠馬 3
16内野手 粂竜太 3
17外野手 藤井竜大 3
18投手 豊田祐輔 2
19内野手 生水義隼 3
20捕手 川谷優真 2
全国選手権大会:京都予選
'18/7/112回戦京都八幡9-2(7C)
'18/7/153回戦 東稜10-0(6C)


龍谷大平安硬式野球部応援サイト 龍谷大平安硬式野球部応援サイト 龍谷大平安硬式野球部応援サイト

第100回全国高校野球選手権記念京都大会
龍谷大平安硬式野球部110代主将・松田が選手宣誓

龍谷大平安硬式野球部応援サイト  第100回全国高校野球選手権記念京都大会の開会式が9日、わかさスタジアム京都で行われた。
 甲子園大会で春夏通算99勝を誇る龍谷大平安の松田憲之朗主将(3年)が選手宣誓の大役を務め「野球を通して培った野球の心を101回、さらに200回へと繋げていきたいと思います」と声を張り上げた。
 入場行進の時から心臓が「バクバクしていました」と汗をぬぐった松田。出来を問われた野球部110代主将は「100点です」と胸を張った。

第100回全国高校野球選手権京都大会:2018年(平成30年)

2018/7/11 2回戦
太陽が丘球場
vs 京都八幡
TEAM 123456789HE
京都八幡 000 0 1 1 0 2 5 2
龍谷大平安 4 0 0 1 4 0 x 9 8 0
  1. 試合詳細
  2. フォト
  3. スタメン
  4. 新聞記事①
◎バッテリー
【龍谷大平安】:野澤、北村―田島
【京都八幡】:佐川、岩本、林―福井
▼ニ塁打
田島(平)岩本(八)

写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
龍谷大平安
(7) 藤井 3 2 2
(9) 安井 2 0 0
(8) 松本 3 0 0
(6) 松田 1 1 1
(5)3 馬場 1 0 0
(2) 田島 3 2 2
(3) 佐野 3 20
R4 000
H 水谷 1 00
4 森川 0 0 0
(4) 北村涼 1 1 2
1 北村智 0 0 0
(1) 野澤 2 0 0
H5 奥村 1 0 0
京都八幡
(7) 勝平駿 4 00
(5) 勝平大 3 00
H 100
(4) 藤田 3 00
(2) 福井2 20
(8) 鷲尾200
(3) 江藤200
(6) 神田萌 3 2 1
(1) 佐川 000
1 岩本 2 1 1
1 100
(9) 瀬戸 100
H 神田慈 100


龍谷大平安
21 8 7 0 10 3 1 7 8 0
京都八幡
25 5 2 6 4 0 0 6 0 2
龍谷大平安コールド発進—OB衣笠さんから「頼むぞ」
龍谷大平安硬式野球部応援サイト  ◇第100回全国高校野球選手権記念京都大会2回戦 龍谷大平安9—2京都八幡(7回コールド)(2018年7月11日 太陽が丘球場)
 甲子園大会で春夏通算99勝を誇る龍谷大平安が7回コールドで初戦を突破した。2回戦で京都八幡と対戦。計8安打に8盗塁と積極的に足を絡めた攻撃がさえわたり、京都八幡を突き放した。
 「4番・遊撃」で先発したプロ注目のスラッガー・松田憲之朗内野手(3年)は1点を先制した初回1死二塁から直球を強振。左前へ適時打を放った。直後に二盗を決めるなど3盗塁と足でかき回した。西武・炭谷銀仁朗捕手のいとこにあたる平安の第110代主将は「スキがあれば走ろうと決めていました」と汗をぬぐった。
 同校OBとして広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が4月23日に死去。偉大なOBに今夏1勝目を届けた。原田英彦監督は「昨年11月にお会いした時に“頼むぞ”と言われました。何か力を貸してくれたらありがたいです。100回大会にウチが出ないとシャレにならない。何としても甲子園に出場したい。命がけです」と話した。衣笠氏の思いも背負って、激戦の京都を勝ち抜く。
【スポニチ】(2018/07/11)

写真:主将松田憲之朗選手
写真提供:ryuheian
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。
 
2018/7/15 3回戦
わかさスタジアム
vs 東稜
TEAM 123456789HE
東稜 000 0 0 0   0 3 4
龍谷大平安 2 0 5 1 0 2x   10 7 1
  1. 試合詳細
  2. スタメン
  3. 新聞記事①
◎バッテリー
【龍谷大平安】:小寺―田島
【東稜】:工藤、糸川、工藤―山本
▼本塁打
松田(平)
▼三塁打
安井(平)
龍谷大平安
(7) 藤井 3 1 0
9 水谷 1 0 0
(9)・7 安井 3 2 1
(8) 松本 1 1 2
(6) 松田 1 1 2
(5)・1 馬場 3 1 2
(2) 田島 2 0 0
(3) 佐野 1 00
H 生水 100
5 奥村 0 00
(1) 小寺 2 1 1
(4) 北村涼 2 0 1
H 森川 0 0 0
東稜
(7)・1・7 糸川 3 10
(4) 山﨑 2 0 0
(6) 菅森 3 10
(3) 橋本 300
(9)・8 藤中 2 10
(8) 伊川 1 00
H・9 小林 100
(5) 岡田200
(2) 山本 2 0 0
(1)・7・1 工藤 200


龍谷大平安
20 7 9 2 5 5 0 4 2 1
東稜
21 3 0 7 4 0 1 4 1 4
龍谷大平安・松田主将 号砲58号ソロ「つないで」
龍谷大平安硬式野球部応援サイト  龍谷大平安の4番・遊撃で出場した松田が初回、1点を先制して迎えた打席で左翼へ高校通算58号のソロ本塁打を放った。主将の一撃が号令となり、計10得点の6回コールドで4回戦進出を決めた。
 甲子園大会で春夏通算99勝を誇る古豪の第110代主将は「自分がどうこうより、チームとしてつないで点を取ることが大事」と表情を緩めることなく汗を拭った。原田英彦監督は「中心打者が放り込んでくれたのは大きい」と称えた。

【スポニチ】(2018/07/15)

写真:ホームランを放った松田選手
写真提供:とし様
※写真の無断複写・転載は固くお断りします。